伊坂幸太郎原作
「マリアビートル」

2018年2月舞台化決定!!

物騒な殺し屋たちを乗せた東北新幹線
東京発盛岡着、2時間30分の物語が始まる!

殺し屋シリーズ

累計220万部を突破する、
伊坂幸太郎屈指の人気シリーズ。
個性的な殺し屋たちが登場。
日常の裏側で、組織や殺し屋たちが交錯する。
『グラスホッパー』『マリアビートル』
『AX』の3作がシリーズ作品。
各作品は関連するものの続編ではなく、
独立した作品となっている。

ストーリー

酒浸りの元殺し屋「木村」は、
幼い息子に重傷を負わせた
悪魔のような中学生「王子」に復讐するため、
東京発盛岡行きの
東北新幹線〈はやて〉に乗り込む。
取り返した人質と身代金を
盛岡まで護送する二人組の
殺し屋「蜜柑」と「檸檬」は、
車中で人質を何者かに殺され、
また身代金の入った
トランクも紛失してしまう。
そして、その身代金強奪を指示された、
ことごとくツキのない殺し屋「七尾」は、
奪った身代金を手に上野駅で
新幹線を降りるはずだったのだが……。